神戸市立葺合高等学校 少林寺拳法部

少林寺拳法とは・・・

 少林寺拳法は1947年(昭和22年)、初代師家・宗 道臣(開祖)が香川県多度津町で創始しました。

 敗戦で、社会のルールも経済も人の心も混乱する中、「すべての物事は影響ある立場に立つ者の人の質による」と開祖は悟りました。

 平和な世の中をつくるためには、「正義感と勇気と慈悲心の強い人間を一人でも多く育てること以外にはない」と開祖は考えました。

 人間の身心の改造と平和的手段による社会変革を目指し、「少林寺拳法による人づくり」と「理想境建設」を目的として、開祖は少林寺拳法を創始しました。

 少林寺拳法を修行する拳士が目指す人間像とは、「自己の可能性を信じる生き方ができる人間」 「主体性を持った生き方のできる人間」 「他人の幸せを考えて行動できる人間」 「正義感と勇気と慈悲心を持って行動できる人間」 「連帯し協力し合う生き方ができる人間」 の五つである。

 1945年(昭和20年)、戦時下の中国東北部にいた開祖は国家や民族の利益が優先し、力だけが正義であるかのような国際政治の厳しい現実を目の当たりにしていました。

 その中で開祖は、物事は影響力ある立場に立つ人の人格や考え方によって大きな差があることに気づき、「人、人、人、すべては人の質にある」と悟ったのです。「すべてが人によって行われるなら。本当の平和は、正義感と勇気と慈悲心の強い人間を一人でも多く育てる以外にない」と気づいたのです。そして「志のある青少年を集め、道を説いて正義感を引き出し勇気と自信と行動力を養わせて、祖国復興に役立つ人間を育成しよう」決心したのです。

 帰国した開祖が見たのは、敗戦したの混乱した日本の姿でした。道義も人情もすたれ日本人同士がいがみ合い、不正と暴力が横行する社会で、青少年も大人たちも国民の大多数が将来の希望もなく右往左往していました。そこで開祖は、中国在住時に学んだ拳技を整理、再編し、創意工夫を加え、一人ひとりが楽しみながら技法を習得できるような新しい技術体系をつくり、自宅を道場とし、拳技を教えると同時に自分の人生観や世界観を説いたのです。拳技を中心とした人づくりのはじまりです。こうして、人間の身心の改造と平和的手段による社会変革を目指し、人づくりと平和で物心ともに豊かな社会の実現を目的に、開祖によって少林寺拳法が創始されたのです。

 このように少林寺拳法は、ただ単に腕力の強い人や技の上手な人をつくるために創始されたのではありません。少林寺拳法の修行を通じて、人間は育つ可能性を有する種子であることを信じ、健康な肉体と不屈の勇気と円満な人格を得て、個人が幸福な人生を送れるように、そして同時に平和で豊かな社会を実現するために積極的に行動していける勇気と情熱、しっかりした考えと正義感にあふれた真のリーダーを育成するのです。

 少林寺拳法の拳士は、自己の可能性を信じる生き方ができる人間、主体性を持った生き方ができる人間、他人の幸せを考えて行動できる人間、正義感と勇気と慈悲心を持って行動できる人間、連帯し協力し合う生き方ができる人間になることを目指します。

 現在少林寺拳法は世界32カ国に支部を持つ大組織に発展しています。そして、4年に一度国際大会も開催されています。

inserted by FC2 system